ダンベルで腹筋を鍛える筋トレの方法
ホーム > ダイエット
ダンベルで腹筋を鍛える筋トレの方法
ダンベルを使って腹筋を鍛える筋肉トレーニングの方法を紹介します。

まずは毎日の目標を設定します。

目標回数:10回(左右で1回とします)

目標セット数:3セット



トレーニングを始める前に、まず基本知識を身に付けましょう。一口腹筋と言っても、2つの部分に分かれています。一つ目は「腹直筋」と言います。上図赤い枠内の部分を指します。ここが一般的に言う「腹筋」のことです。もう一つは「腹斜筋」と言います。上図青い枠内の部分を指します。これは真正面にある「腹直筋」に対して、体の側面にある筋肉群です。

「腹斜筋」を鍛えたい場合は、体を捻ることがポイントです。左右に捻ることにより、効果的に腹斜筋を引き締め、腰にくびれを作ることができます。

では、ダンベルを使って腹筋を鍛える筋肉トレーニング方法を詳しく説明しましょう。

1.両足を肩と同じ幅を取って開きます。ダンベルを持った両手を真っ直ぐに下へおろします。

2.下半身は動かずに、両腕と上体だけを左に捻ります。

3.反動をグッと押させて、今度は同じ要領で右に捻ります。呼吸のリズムに合わせて行うと効果的です。

★ワンポイント解説

このトレーニングは一般的にダンベルを使った「ツイストトレーニング」と呼ばれています。このトレーニングで腹斜筋を鍛えたい場合は、足元が揺ら揺らすると効果が半減してしまいます。必ず下半身は固定して練習しましょう。
関連記事

EDの診療 1 2 3 性の健康 育毛 1 2 3 ダイエット 1 口臭 サプリメント
著作権に違反した場合、私たちに連絡してください。直ちに関連記事を削除致します。
Copyright © 2017 医薬健康 All Rights Reserved.