マカと女性ホルモン調整、更年期障害
ホーム > EDの診療
マカと女性ホルモン調整、更年期障害
マカと女性ホルモン調整、更年期障害

マカには、内分泌腺機能向上、精神安定、免疫力強化、生殖腺活性、ホルモンバランス調整といった機能があります。閉経前後の40代半ばから50歳代半ばまでの女性は、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少します。女性ホルモンの不足は、自律神経、脳、骨、血管などにも作用し、さまざまな症状を引き起こします。

これを女性更年期障害と呼びます。エストロゲンは自律神経をはじめとする色々な器官にはたらきかけているため、更年期障害の症状は様々あります。それに、最近まだ20代、30代の若い女性にも、生理が不順になったり、月経が無くなって、更年期障害と同じような症状を訴える人が増えてきました。これを総称して、「若年性更年期障害」といった言葉が生まれています。

若年性更年期障害は、ストレスや無理なダイエット、食生活を含めて不規則な生活などが、大きな原因と見られています。外部からの影響を受けやすい視床下部がストレスなどで、ホルモン分泌の指令を出せなくなっているのではないかと考えられます。そうすると、冷えや自律神経症、生理痛、頭痛、肌荒れなどを引き起こすこともあります。

マカの成分であるグルコシノレートは女性ホルモン調整には効き目があると言われています。ホルモンを分泌する器官と自律神経には緊密的な関わりがありますので、マカを飲むことで女性ホルモンが正常に分泌されるようになると、自律神経にもよい働きを及ぼすとされています。

マカは、ほかにも様々な成分を含んで、そのバランスの素晴らしさから「完全食」ともいわれています。例を挙げると、カルシウムや、鉄、銅などの各種ミネラル、またアルギニン酸、リジンをはじめとする必須アミノ酸が豊富です。アミノ酸が相乗作用によってホルモンバランスを正常化していくと考えられています。この豊富でしかもバランスのよい栄養が体にゆっくりと浸透して自然の力でホルモンバランスを調整し、思春期から老年期まで、男女を問わずあらゆる年齢層の方の健康で美しい身体作りを助けます。

関連記事

EDの診療 1 2 3 性の健康 育毛 1 2 3 ダイエット 1 口臭 サプリメント
著作権に違反した場合、私たちに連絡してください。直ちに関連記事を削除致します。
Copyright © 2017 医薬健康 All Rights Reserved.