超音波エコーで前立腺癌を診断します
ホーム > EDの診療
超音波エコーで前立腺癌を診断します




超音波エコー検査は超音波断層検査とも呼ばれています。超音波を体の外側に当てて、内臓などにぶつかって反射してきた超音波を画像化して、病変の有無を診断する検査方法です。

超音波エコー検査は腹部の上から当てる経腹的超音波エコー検査が一番良く使われていますが、前立腺癌を診断する場合、より正確なデータを得るために、超音波発信器を直腸内に挿入し、経直腸的超音波エコー検査を行うケースが多いです。

前立腺に癌細胞が生じた場合は、病変部分が通常の組織に比べて暗く映ります。これは癌組織が通常の組織に比べて、超音波を反射しにくい特性を持っているからです。

健康な前立腺は栗状になっていて、左右一対は同じ大きさになっています。癌細胞ができると、形が歪み、左右対称でなくなります。このような画像の変化に加えて、血液検査、尿検査、腫瘍マーカーの検査結果を総合的に判断し、前立腺癌の診断が行われています。
関連記事

EDの診療 1 2 3 性の健康 育毛 1 2 3 ダイエット 1 口臭 サプリメント
著作権に違反した場合、私たちに連絡してください。直ちに関連記事を削除致します。
Copyright © 2017 医薬健康 All Rights Reserved.