症状(かゆみ)でわかる性病
ホーム > EDの診療
症状(かゆみ)でわかる性病
性病:症状(かゆみ)からわかる性感染症

性病(性感染症)は、早期の検査と治療が感染を予防することができます。性感染症で自覚症状のあるもののうち、殆どの病気にデリケートゾーンのかゆみから判断できます。デリケートゾーンにそういったかゆみを感じた時、ケジラミ、カンジタ、疥癬、淋病、クラミジア、ヘルペス、コンジローマなどが疑われます。

クラミジア、淋病、ヘルペス、コンジローマなどは、軽いかゆみが感じられます。

性感染症の中でもっともかゆみが強いのは「ケジラミ」で、これはヤバィ痒さです。ケジラミは、非常に強いかゆみを伴って、陰毛の根元に灰白色のフケのようなものがある時、感染を疑うことができます。

ついで「カンジタ」なども痒みは強いです。カンジダ膣炎は、ケジラミほどの痒くはないですが、とにかく痒みなどが起こったら、ひとまずは病院か女性クリニックへ行ってください。

ほかに、ヒゼンダニによる疥癬は、体中かゆみという症状が見られ、体温の上昇で一段強くなるのが特徴です。

関連記事

EDの診療 1 2 3 性の健康 育毛 1 2 3 ダイエット 1 口臭 サプリメント
著作権に違反した場合、私たちに連絡してください。直ちに関連記事を削除致します。
Copyright © 2017 医薬健康 All Rights Reserved.