梅毒感染率は同性カップルを合法とする国におけては減少傾向
ホーム > 性の健康
梅毒感染率は同性カップルを合法とする国におけては減少傾向
梅毒感染率は同性カップルを合法とする国におけては減少傾向

ディー教授によりますと、北米国という地域では同性結婚は合法化されていた後の年月が調査を実施するにはまだまだ浅すぎると述べています。「ただし、北米国においてはヨーロッパと同様な調査結果が予想されます。殊更、米国とか、カナダなどにおける基本的な社会モラルだの、社会経済状況などがヨーロッパ各国によく似ているから、『同性結婚』というものが同じような結果を表示すると考えてもよいでしょう。」と、同教授はこう話します。 「実は、幾つかのポイントにおいて、ヨーロッパと米国の間では違っていますから、同性結婚ということから出てくる影響は米国のほうがもっと大きくなるのではないかと予想されています。 例えば、健康保険という面では、ヨーロッパにおいては大体の国家で結婚という形をとらなくても相手にとってはもはや、そういう権利が認定されていますが、これに対して米国では今そういうことが認定されていないから、同性結婚(あるいは同性パートナー)の法律的な認知による影響はもっともっと大きいはずであります。」と、同教授はまた話しています。

2000 年は米国において、過去 60 年間では梅毒感染率が一番低かった年ですけれども、それ以後、梅毒という性病の感染率は上昇する傾向にあたります。最新のデータによりますと、 2000 年に報告されてきた件数は 5979 件であったことに対して、 2003 年となると 7177 件まで増加してしまったようです。梅毒という病気は危ない性行為によって感染してしまうので、しきりに HIV 感染の指標として使用されています。

関連記事

EDの診療 1 2 3 性の健康 育毛 1 2 3 ダイエット 1 口臭 サプリメント
著作権に違反した場合、私たちに連絡してください。直ちに関連記事を削除致します。
Copyright © 2017 医薬健康 All Rights Reserved.